陽だまりの街 195号(2018年6月号)

毎月10日、ミニコミ誌
『陽だまりの街』を発行しております。

〜6月号の目次〜
◎紫陽花〈アジサイ〉
◎イベント情報
・花しょうぶまつり
・くりはま花の国 ポピー無料花摘み大会
・盛りのしょうぶ園と周辺名刹を散策
・よこすかYYのりものフェスタ2018
・夏越の大祓茅の輪くぐり
◎5月号に寄せられたみなさまの声
◎チケットプレゼント/よみ得クイズ
◎お店紹介:観音崎京急ホテルSPASSO(スパッソ)
◎ミニミニ人物伝:山田耕作
◎ミニミニ探訪:金沢区制70周年記念 第21回称名寺薪能

陽だまりの街 194号(2018年5月号)

毎月10日、ミニコミ誌
『陽だまりの街』を発行しております。

〜5月号の目次〜
◎よこすかカレーフェスティバル2018
◎第一回キルト時間フェスティバルin横浜
◎イベント情報
・春のローズフェスタ2018
・第6回YYフェスタ
・横須賀ハーモニカ同好会第3回定期演奏会
・くりはま花の国ポピーまつり2018
◎4月号に寄せられたみなさまの声
◎チケットプレゼント/よみ得クイズ
◎お店紹介:居酒屋823(ハツミ)
◎ミニミニ人物伝:正岡子規
◎ミニミニ探訪:国指定史跡 金沢称名寺

陽だまりの街 5月号2018年 陽だまりの街 5月号2018年 陽だまりの街 5月号2018年 陽だまりの街 5月号2018年

国指定史跡 長柄桜山古墳群 〜現存する遺構では県内最大級の前方後円墳2基〜

最近まで存在がまったく知られていなかった『長柄桜山古墳群』。1999年に地元の考古学愛好家 東家洋之助氏が携帯電話の中継所建設に伐採整地された山頂で埴輪の破片を発見したことから古墳であることが明らかになった。

 古墳が造営されたのは4世紀中頃から後半と推定 (約1600年前、古墳時代前期)。ほぼ完全な形で残っている極めて重要な遺跡で、神奈川県内では最大級の規模になる。第1号墳は長さ約90m、後円部直径51m、高さ7.21mで古墳の上に円筒形の壷形の埴輪が立てられていた。その西500mの所にある第2号墳は長さ約88m、後円部直径54m、高さ7.3m。

 南関東の前期古墳では珍しい葺石(ふきいし・装飾や補強のため斜面に貼りつける石)があるのが特徴。2基とも逗子市と葉山町の境界線上に位置し、自然の山を削って成形した上に盛り土をして築いたものと考えられている。東京湾や房総半島、直下には逗子の入り江を望める第1号墳。第2号墳からは相模湾に浮かぶ江ノ島をはじめ大山、富士山が見渡せる。

1600年前の古代へロマンを馳せながら探訪ができる『長柄桜山古墳群』。これからのベストシーズンに訪れてみてはいかがだろう。(H.I)

長柄桜山古墳群

逗子市桜山7丁目
JR逗子駅よりバス「葉桜」行き、“葉桜”下車徒歩10分
→ 第1号墳へ → 西へ500m → 第2号墳へ →
さらに西へ進む → 蘆花記念公園(逗子市郷土資料館)