青山 義雄(1894-1996)〜マティスに称賛された横須賀生まれの洋画家〜

海軍省書記官の父を持ち横須賀で生まれて8歳まで横須賀で育った洋画家『青山義雄』。

早くから画家を志して27歳でフランスに渡り、当初は八百屋からもらったクズ野菜でスープを作るような苦しい暮しを送っていたが、その秋サロン・ドートンヌで初入選。翌年にも大作“二人の男”で入選し、名が知られ始めた矢先で結核を発病。

しかし療養のために移住した南仏の明るい光が青山に鮮烈な色遣いを開花させ、後に“色彩の魔術師”と称されるきっかけとなった。特に独特の青は“青山ブルー”と呼ばれる。翌年偉大な画家アンリ・マティスの目にとまり「この男は色彩を持っている」と称賛され、マティスが亡くなるまで二人の親交は続いた。パリを中心に叙情的な作風で注目され80歳を過ぎても制作意欲に燃える青山だったが、1986年(92歳)体力の衰えを自覚して帰国。茅ヶ崎で102歳まで絵画一筋の人生を送った。

 横須賀美術館では“青山義雄展 きらめく航路をたどる”を開催中(4/15)。故郷横須賀が題材の“浦賀水道”シリーズなど没後20余年を経てもきらめきを放つ絵画が堪能できる。興味のある方は終了間近につきお急ぎを!(H.I)

横須賀美術館

横須賀市鴨居4-1
TEL 046-845-1211
開館時間 10:00〜18:00
休館日 月曜日
観覧料 一般900円、高大生・65歳以上700円、 中学生以下無料http://www.yokosuka-moa.jp